2008年11月03日

ジョブカード制度

ジョブカード制度って知ってましたか? ジョブカード制度とは就職支援のことで、安部政権が「成長力底上げ戦略」の一環として打ち出した制度。 職務経験や教育・訓練経験など、求職者のキャリアを共通書式に詳しく記したファイルを個人に交付し、就職や転職を円滑化するのが狙いです。 発行時にハローワークなどで資格のあるカウンセラーの個別相談を受け、認定を受ける必要があります。 訓練や企業実習を受けると、履歴証明書や能力評価書をファイルに加えることができます。 でも、この制度が普及しない要因は、即戦力を育てる訓練が困難な上、カードに職歴を記入するため在職証明書を求められるなど「お役所仕事」特有の煩雑な手続きが求職者の負担となるためです。 経済情勢が厳しくなり、リストラや採用抑制を強いられる中で、「フリーター経験をプラスに評価しにくい」のも本音です。
posted by ポン太君 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109171743
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。