2008年11月04日

市場公募地方債

自治体が借金のために発行する地方債のうち、証券会社など民間から資金を調達する債権。 2006年9月からは利率の横並びを廃止し、自治体ごとに個別交渉で決めるようになった。 08年度は44都道府県市が計5兆7千億円(共同発行、借換債を含む)の発行を予定している。 郵政公社が07年度の民営化に伴って地方債引き受けを廃止したことなどにより、地方債計画における公的資金の占める割合は年々減少。 1998年度に8.6%だった市場公募債の割合が08年度は27.2%に膨らんだ。
posted by ポン太君 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。