2008年11月16日

土地開発公社

土地開発公社

公有地拡大推進法(1972年施行)に基づき、地価が安いうちに

市街地再開発や公共施設などの用地を前もって取得するため、

自治体の全額出資で各地に設立された。

総務省によると、道府県や市区町村の公社は現在、

全国に約100。先行取得事業で保有している土地は2006年度末で

合計1万5000ヘクタール余り。簿価で約3兆9000億円あり、

うち55%が取得から10年以上経過している。

下手に金融商品に投資するよりはましだが、先行取得した

貴重な土地を有効に活用してもらいたいものだ。
posted by ポン太君 at 17:22| Comment(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。