2009年12月13日

グローバルIPアドレス(再掲)

グローバルIPアドレスとは、インターネットで相手と通信するために持つ、ほかのアドレスと重複しない一意のIPアドレスのことです。



TCP/IPでは、通信相手を特定してIPパケットを送信したり、ルーティングするために必要となります。



 グローバルIPアドレスが登場した背景には、Pv4のIPアドレスは32ビットで、おおよそ43億個のIPアドレスを割り当てることができるのですが、1980年代以降にインターネットが爆発的に成長した結果、IPアドレスを必要とする端末が急増し、43億個だけではいずれ枯渇するのではないかという議論が持ち上りました。



 そこで、すべての端末がインターネットからアクセスできる必要はないという概念により、LAN内のコンピュータには一定の範囲のIPアドレスをプライベートIPアドレスとして割り当てる方針が立てられそして、そのLANとWANを接続する機器にのみグローバルIPアドレスを割り当てる形が確立しました。



 グローバルIPアドレスは、IANAInternet Assigned Numbers Authority)が管理しており、APNICAsia Pacific Network Information Center)やJPNIC日本ネットワークインフォメーションセンター)など各国のNICが企業や団体などへの割り当て作業を行っています。
posted by ポン太君 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。