2011年09月22日

windowsの起動

時期Ver windows8 のファストーブート時間って本当に30〜70%も高速になるの?

今使っているWin7では、シャットダウン状態からの起動(ファーストブート)では

おおよそ、2〜3分くらい掛っています。これが70%も高速になるのら

使ってみたいような気にも成りますけど、如何せんまだ発売されていないので、どうしようもないけど。

でも、ファーストブートが短縮されて何が良いのか?すごく疑問に感じてます。

Vista の時は、結構時間が掛っていたように思うんですけど、win7に変更してからは相当早くなったと感じています。

私のパターンは、朝8時位にPCの電源をONにして深夜2時位に電源をOFFにする事が殆どです。1日18時間位はシャットダウンしません。

PCを使わない時は、スリープ状態にしています。こうすることによって、仕事の再開時間を短縮すると同時に節電を実行しているわけです。通常PCはファーストブート時に最大電力を要しますから、なるべくファーストブートはしない事を心掛けています。

起動時間が早くなって何が良いのか良くわからないも事実なんです。ほんの数分の事でそういらいらすることも有りませんし、しかし、起動に10分も20分も掛ってるんなら話は別ですけどね。

OS自体のブート時間が早く成る事は良い事です。また、Windowsでは沢山の不用ドライバー・サービスも起動時に起動されてるので、使わないサービスを停止・削除すると、win7でも相当起動時間は早く成る事は確かです。


posted by ポン太君 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227182123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。