2016年03月08日

アプリってなんだ!

アプリとアプリケションとの違いって何だろか?

アプリとはアプリケーション(Application)を短くしただけのものでしょうね。多分?

アプリケーションの意味は、応用とか適用とかという意味ですからアプリケーションソフトって言うのは応用ソフトというこになり、その短縮型がアプリということになるんでしょうね。

だったら、同じって言うことか・・・・

応用ソフトに対して基本ソフトっていうのもあります。これは、パソコンでいうとオペレショーンシステム(OS)。スマホ・タブレットで言うところのアンドロイド・i-OSっていうものにあたります。このソフト?はそれぞれの基幹をなすソフトでそれぞれのハードを統制する目的で働くソフトです。また、それぞれのハードを動かすためのソフトがドライバー(driver)って呼ばれているソフトです。これらはソフトウェアでありアプリケーションでは有りません。アプリケーションとはパソコン・スマホ上で働くソフトの事を言い、多種多様なものが存在します。例えば、officeとかIEとかです。そのパソコン・スマホ上で働くアプリケーション(ソフト)を短縮してアプリと称している訳です。

タグ:アプリ
posted by ポン太君 at 11:39| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434699834
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック